2011年11月12日 徳島県訪問看護ステーション連絡協議会北西部ブロック従事者交流会での講演

2011年11月12日 徳島県訪問看護ステーション連絡協議会北西部ブロック従事者交流会での講演

JA徳島厚生連訪問看護ステーション協同・凌雲訪問看護ステーション

2011年11月12日(土)徳島県訪問看護ステーション連絡協議会北西部ブロック従事者交流会に、今回講師としてお招きいただき、「浮腫とリンパドレナージ」というテーマで講演をしました。

浮腫とは何かを生理学分野から説明し、浮腫の種類やリンパ管系の構造、表在リンパ管へのアプローチ方法としてのリンパドレナージの仕方を分かりやすく、少し実践を交え約1時間にわたり訪問看護師様にお話しをさせていただきました。

北西部の訪問看護ステーションから31名の看護師様にご参加いただき、参加者全員熱心にメモをとりながら、傾聴していただきました。今回リンパドレナージを初めて体験される方もいらっしゃり、普通のマッサージとの違いに驚かれていました。最後の質疑応答でも「どのくらいの時間をかければよいか?」、携帯電話で写真を撮ってきてくださり「こういう浮腫に対してはどのように行えばよいか?」、「潰瘍がある場合はどうしたらよいか?」、「具体的にやり方を教えて欲しい」、「リンパドレナージを行う上での注意点を教えて欲しい」など質問が絶えず、その後の食事会でもたくさんのご質問をいただきました。

ご担当者様からも、「とても分かりやすくて勉強になりました。リンパ浮腫の患者様が多く、リンパドレナージは看護師の関心が高く今回の講演は大変ためになりました。次回は実技を交えて教えていただきたい」とのご感想をいただきました。とても有意義な会になったのではないかと思います。

今回の講演会は、医療現場の看護師様も私たちも様々なことを学ばせていただきました。それぞれの立場で出来ることを共有しながら、困っている方々に少しでも貢献できればと思います。

徳島事業所 相談員 河野 智恵美

株式会社フレアスマッサージ教室