金沢事業所「日々これ感謝」

石川県金沢市・T.Aさん(96歳)


平成16年4月1日。朝目が覚めると、突然体が動かなくなりました。脳梗塞と診断され、即入院。
食事もお風呂もトイレも、介助なしでは行えない生活。「90歳にして、なんでこんな厄介な病気になってしまったんだろう。できるなら早く迎えが来てほしい・・・」。誰にも気づかれないように、毎日布団の中で泣いていたそうです。それからの2年間は何もする気になれず、毎日鬱鬱とした日々を過ごしていました。
 
 そんな折、手足が使えないけれど、口を使って一生懸命絵を描いている方のことをラジオで知りました。とても感動したAさんは「どんな形になったとしても、どんなことでも、まずは自分が出来ることから始めればいい」、そう前向きに考えられるようになったそうです。

その後、デイサービスや訪問リハビリ、訪問マッサージなどの活用と、ご家族や皆様の支えもあって、今ではご自分の身の回りのことは大体出来るようになられました。「いつも感謝の気持ちでいれば、必ず良い方向に流れていく」。繰り返しおっしゃっていた言葉が印象的でした。

笑顔のご老人