金沢事業所「自分を信じて・・・」

石川県金沢市・M.Mさん(73歳)


 平成12年夏、夕方家に帰宅して、左大腿部の内側がつっぱり始めました。その後ご飯を食べていたら、左手でお茶碗が持てなくなり、入院。次の朝起きると、完全に左半身が動かなくなっていました。しかし2日目からリハビリを開始。退院されてからも変わることなくリハビリに励みました。
 マッサージを開始して約1年半。頑張りやのMさんは、手足の筋を伸ばす運動を行う際、こちらがびっくりする程一生懸命動かそうとして下さいます。
「こんな体になって思うことは、いつも体を大事にしていないといけないということ。しかしこんな体になったとしても、頑張るしかない。自分を信じて毎日リハビリに励んでいます」
 同じく在宅で頑張られているご利用者様に「頑張れば成果はきっと出てきます。みなさん一緒に頑張りましょう」と力強いエールを送ってくださいました。
リハビリに励むお年寄りのイラスト