群馬事業所「群馬最初の患者様」

群馬県高崎市 T.Sさん(83歳)


 Sさんは、平成11年にパーキンソン病と診断されました。平成16年2月頃まではご主人のKさん一人の介護で十分でしたが、体力低下と共にベッドで寝ている事が多くなり、とても悩まれていました。そんな時、医療保険を使った訪問マッサージをお知りになり、まずは試してみようと思ったそうです。Sさんはマッサージを受けた事がなく、最初はとても緊張し、不安そうでした。しかし最近ではその緊張・不安もほぐれ、少しずつではありますが下肢の筋力もしっかりしてきたように感じます。顔色もとても良く、マッサージを楽しみにしてくださっています。
お元気な頃のSさんの趣味は、子供服や枕・布団カバーなどの製作。昔から手先が器用で、細かい事をするのが好きだったそうです。作品はどれもとても丁寧に作られていて、Sさんの温かさが伝わってきます。

 一方、Kさんの一番の楽しみは、Sさんの食事作り。料理番組を見ては、栄養バランスを考えた食事を研究し、いろいろと試しているようです。「残さず食べてもらえた時が、一番嬉しいね」とKさんはおっしゃいます。
また、どうすれば生活に便利かということを常に考えておられるKさん。車椅子のまま乗れる車を購入し、春にはSさんを温泉やお花見などドライブに連れて行ってあげたいと計画を立てていらっしゃるそうです。
お互いを思いやる、素敵なご夫妻。私たちもマッサージを通して、少しでもお二人のお力になれたらと思っております。

車いすの男性とスタッフの女性のイラスト