群馬事業所「笑いが絶えないおしどり夫婦」

群馬県高崎市・Sさんご夫妻


ご夫妻でマッサージを受けていらっしゃるK・Sさん(77)とKさん(70)。
お二人のお宅にはいつも会話と笑いが絶えません。「ねえパパ」「なあ、そうだよなあ」と常にお互いに声をかけ合います。朝起きたら「おはよう」、夜寝る時には「今日も幸せだったね」。これがお二人の合言葉だそうです。
70歳まで山に登り、愛用のライカで風景などを撮っていたkさん。山に登れなくなった現在は、不自由になってきた手指のリハビリのため、撮り続けてきた写真を見ながら水彩画や絵手紙などを描いています。素人離れした腕前は、奥様の自慢でもあるようです。

脊柱管狭窄症の手術後、下肢筋力の低下により歩行困難になってしまった奥様は、リハビリに加え訪問マッサージを利用し始めてから、少しずつ筋力がつき、身体も楽になってきたと喜んでおられます。
伺うたびに素敵な笑顔をプレゼントしてくださるお二人に、私たちも励まされています。

オシドリ夫婦