群馬事業所「ものづくりが生きがい」

群馬県富岡市・S・Sさん(68歳)


 Sさんは現在、後縦靭帯骨化症と変形性脊椎症を患っており、部屋の中を移動するのもシルバーカーを使用している状態です。
長年営まれていた会社を娘さん夫婦に任せて、数年前、ケアハウス「グリーンハイツ」にご夫婦で入所しました。その頃から奥様の影響で似顔絵講座を通信にて受講されたそうです。卒業してからは似顔絵通信に年に三回ほど応募し、毎回入選されています。テーマを決めて、締め切り3ヶ月位前から何枚も何枚も描き、「佳作より入選」という考えで描き続けています。
常に「人に出来ることは自分に出来ないはずはない」と思っているSさん。不自由なお身体でも、お食事は毎日電子レンジを上手に使って自分で調理されています。毎朝「ヨーグルト・りんご酢・きな粉・煮干粉・黒ゴマ・蜂蜜」を混ぜた自家製健康ドリンクを飲んでいます。きちんと自分の生活をコントロールができるのがSさんのすごいところです。ぬか漬けも作っているとのこと。「結論や結果がすぐに出るから」物を作ることが生きがいなのだそうです。
残念ながら、平成18年10月に長年連れ添った最愛なる奥様に先立たれてしまいました。奥様が始めた似顔絵を引き継いで描いているSさんを、天国で応援してくれていると思います。
今後の目標は、似顔絵通信で最優秀賞をとること。近い日に必ずや受賞されることを心から願ってやみません。