福井事業所「命を慈しみ、前向きに生きる」

福井県福井市 T・Kさん(82歳)


Kさんとの出会いは、ケアマネージャーさんからのご紹介でした。Kさんが「どこかいいマッサージがないかねぇ?」と、担当のケアマネージャーさんにご相談されたその日と、相談員がケアマネージャーさんにご挨拶に伺った日が同日で、すぐにKさんからご連絡を頂きました。
「これも何かのご縁よね」とおっしゃいます。

平成16年の暮れから右手の指に刺すような痺れがあり、明けて1月に、変形性頚椎症と診断され、手術を受けられました。
「もう少し治療が早ければ、もっと回復していたかもしれない。身体が少しでもおかしいと思ったら、すぐに病院行きなさい!」とおっしゃいます。
担当の中西施術者には、「痺れは残っているけど、筋肉のこわばりが楽になってきた。マッサージ後は気分がいい、元気になるよ」と言ってくださいます。

ご自宅にはKさんが描かれた素敵な絵手紙や書道が飾られています。書道は師範代の腕前です。
お宅では、以前は真っ黒のゴールデンレトリバーを、現在は白黒の猫・ミッキーを飼っていらっしゃいます。息子さんの会社の事務所では、猫が子供を産んで、現在4匹も飼われているそうです。ご家族も皆様優しい方ばかりで、動物を可愛がっていらっしゃいます。
 若い頃、看護師として陸軍病院や病院船で看護をされていたKさん。当時の心労は私たちの想像を絶するものだと思います。生きる者に対する愛情や、前向きな姿勢は、その時の体験から培われ、Kさんからご家族の皆様にも受け継がれているのだと感じました。

書道道具

お試しマッサージ依頼のお電話を頂いた時から、「Tさん、素敵なお名前だなぁ」と思っていました。その由来は、都に人が集まるという意味で、紺井さんの周りにたくさんの人が集まりますようにと、お父様が名付けられたそうです。由来の通り、Kさんの周りには沢山の方が集われています。

今後もKさんの笑顔が少しでも増えるよう、全力でサポートさせていただきます!