ふれあい在宅マッサージ佐賀「マッサージの日が楽しみです」

佐賀県佐賀市 R・M様(59歳)


 Mさんは、脳出血による右半身麻痺というお体の不自由さを感じさせない、明るく素敵な女性です。何事にも前向きな姿には、施術者も訪問するたびに頭が下がる思いです。
 そんなMさんが、少しでも皆さんの励みになれば、と、左手で丁寧にお手紙を書いてくださいましたので、ご紹介させていただきます。
「私は6年前に脳出血をひきおこし、救急車で運ばれました。救急車の後ろのドアをバタンと閉めてくれた主人を見たのを最後に意識を失しました。
 当初、「2~3日の命」と言われたそうで、みんなお祈りしてくれたそうです。「ICU」に入院して、1週間意識不明だったそうです。出血がひどく、手術はできなかったそうです。8日目に意識を取り戻し、3週間入院していましたが、その後、リハビリ専門病院へ転院しました。
 その病院では、朝の9時から12時まで、また、午後は1時から3時まで、毎日5時間の訓練を受けました。たいへんな訓練でした。その病院に2年間お世話になり、おかげさまで機能もだいぶ回復し、退院いたしました。
 その後、クローバー(注:施設名)にお世話になり、毎日幸せを感じています。今は週2回、リハビリ専門病院で訓練しています。リハビリだけでなく、硬くなりがちな体を少しでもほぐしたいと感じていた矢先に、この「ふれあい在宅マッサージ」を知りました。受けてみると、よくほぐしてくださり、とても気持ちがいいです。体が軽くなったような気分です。
先生もとても気に入っています。主人の若い頃にそっくりで、最初びっくりしました。先生と気が合って、よくおしゃべりをし、来てくださる日が楽しみです。」
手紙