沖縄事業所「風太にぃにぃだいすき♡」

沖縄県那覇市 Y・S君(4歳)


Y君は笑顔のかわいいうーまくー(やんちゃ)な男の子です。
平成18年5月15日、1385gの低体重で生まれ、小児麻痺と診断されました。母親のKさんは「Y君にとって良いと思うことは何でも試したい!!」との強い想いから、理学療法士や作業療法士の行うリハビリを生後8カ月から開始しました。
それでも障がいに対しての情報が少なく、多くの不安を抱えていたそうです。そんな中、ふれあいのパンフレットを手にしたことがきっかけで、医療保険による訪問マッサージの制度を知りました。周りの人の支えを受けながら、KさんとY君、私たちふれあい在宅マッサージとの歩みがスタートしました。

訪問を開始したのは平成20年11月。人見知りをするY君にマッサージを受け入れてもらうため、一緒に絵を描いたり、おもちゃで遊んだり、スキンシップを図りながら徐々に関係性を深めていきました。
現在は若い柗井風太施術者が施術を担当しています。Y君は、柗井施術者のことを兄のように慕って、安心して施術を受けてくれています。
私たちもY君の無邪気な笑顔と、Kさんの明るさや母親としての強さにいつも元気をもらっています。
また、KさんはY君が生まれてからブログで日記を書いており、その日記をまとめた本も今では4冊となりました。Y君の毎日の出来事や写真を載せて、細かく書かれた貴重な記録です。KさんのY君への愛情の深さや温かさの伝わるすてきな日記です。
「Yが一歩一歩頑張ってきたからこそ、少しずつ結果が表れてきて、今の成長がある。その姿を見ると自分も頑張ってこられたし、日記を読み返すたびに気持ちが穏やかになり落ち着く」とおっしゃっているKさんの笑顔が印象的でした。きっとこれからも素敵な思い出が増えることでしょう。

母親とこどものイラスト

Y君の成長に従って、これからも様々な課題が出てくると思いますが、私たちふれあいスタッフも一緒に成長しながら、KさんやY君の歩みをお手伝いさせていただきたいと思っています。

※Kさんは、同じように悩んでいるお母さん達にあきらめないでほしいという思いから、「自分の経験が役に立てるのであれば、ぜひ情報を提供し、悩みを共有したい」とおっしゃっています。興味のある方がいらっしゃいましたら、ふれあい在宅マッサージ沖縄事業所(電話098-941-0511)までご一報ください。