埼玉事業所「続ける事の大切さ」

この患者さんとの出逢いは1年前になります。脳出血後遺症で右半身麻痺がある方です。日本語教育関係の会社を経営されていて、講演先の九州で倒れてしまったそうですが、処置が早く幸いにも軽い麻痺で済んだとの事でした。
ポジティブな考えをお持ちの方で、訪問時には様々なお話をして下さいます。会社の事、今は亡き奥様の事、日常に起こっている事、人生の先輩からのお話に刺激を頂くことも多いのですが、その中でも特に印象に残っているのは、『何事も続ける事が一番大切なんだ』という一言です。

一見、ありふれた言葉として受け取ることも出来ますが、この方は、発症直後は歩くこと、手を使う事、話すことさえ出来なかったのです。そこから、懸命にリハビリをされ、現在ではそれら全てが出来るまでに回復されているのを目の当たりにしていましたので、この一言には大変な重みを感じました。
現在も病院のリハビリ外来を週に2回受診され、リハビリとフレアスのマッサージとを併用して受けて下さっています。

笑顔のおじいさん
 
マッサージを開始した当初は、下肢の筋力が低下しており、歩行もすぐに疲れてしまうといった状態でしたが、筋力訓練も併せて行った結果、長く歩いていても疲れない程になってきたそうです。マッサージに関しても、続ける事で効果を実感出来、良い体調を維持出来ていると仰って下さっています。
『続ける事で結果が出てくる。何事もすぐに諦めないでとにかく続けてみることが大切なんだ。』
この方から頂いたこの言葉を胸に、私自身のこれからの施術者人生にも活かしていきたいと思います。

埼玉事業所 T・Tさん