10月15日 帯広三条高等学校様 会社訪問

帯広三条高等学校様会社見学
10月15日(木)、見学旅行で北海道帯広三条高等学校の生徒さんたちがフレアスを会社訪問してくださいました。
帯広三条高等学校では、キャリア教育の一環で修学旅行ではなく、「見学旅行」としていろんな職種に分かれてお話を聞く旅行をしていらっしゃるそうです。

将来、看護師を志望していらっしゃる生徒さん約50名に東京本社のある三田国際ビルまでお越しいただき、講師三名から在宅医療についてのお話しをさせていただきました。

会は三部構成で開催しました。

第一部ではフレアス代表取締役社長の澤登拓が、超高齢化する日本の現状と在宅医療の必要性について講演させていただきました。

生徒のみなさんは、日本の年齢別人口ピラミッドがスライドで表示されると写真を撮るなどしながら、澤登の説明を熱心に聴いてくださいました。
在宅医療がよりいっそう必要とされている日本の現状がご理解いただけたかと思います。

在宅医療セミナー
訪問看護セミナー
第二部では訪問看護師の福田から、訪問看護について説明させていただきました。

現場で撮影させていただいた写真をまじえながら、訪問看護の必要性、大変さ、やりがいについて、自身の体験をまじえながら説明。生徒さんたちは最後まで熱心に聞いてくださいました。
質問コーナーでは「看護師の数が圧倒的に足りない状況でフレアスが行っている対策を教えてください」など鋭い質問も飛び出し、非常に有意義な時間になりました。

看護師を目指す生徒さんたちにとっても「訪問看護」というお仕事は馴染みの薄かった様子でしたが、福田の説明を聞いて興味を持っていただけたかと思います。

第三部では鍼灸マッサージ師の菊池から鍼灸・マッサージについてご説明。
看護師を目指す皆さんにとって鍼灸・マッサージは縁遠い存在かもしれませんが、そのような医療もあることをこの機会に知っていただけたかと思います。

講師たちはまだまだ話し足りない様子でしたが、残念ながらお時間の都合もあるため11時過ぎに終了となりました。

訪問マッサージセミナー
生徒さんからは「医療の質が上がったおかげで人の寿命が延びたのに、それで苦しい思いをするのは悲しい」、「訪問は病院よりもひとりひとりの患者さんと深くつきあえることがわかった」といった感想をいただきました。

看護師を目指す高校生のみなさんにお越しいただき、在宅医療についての説明を聞いていただいた今回の会社訪問でしたが、みなさん真剣に耳を傾けてくださり、また講師に対して鋭い質問を投げかけてくださったおかげで、フレアスのメンバー自身も学ぶところの多い説明会となりました。

帯広三条高校のみなさん、どうもありがとうございました!

 

【講師感想】

フレアスロゴ 澤登(フレアス代表取締役社長・鍼灸マッサージ師)
「まっすぐな目で真剣に聞いている姿勢が印象的でした。高校二年生で自分の進路を定めている事に驚きました。
こんなに多くの方が看護師を目指そうという姿を見て、在宅医療の充実に希望を感じて嬉しくなりました。」

 

フレアスロゴ 福田(訪問看護師)
「三条高校からキャリア教育(C-project)の一環で見学旅行に来てくださいました。
皆さん、看護師という仕事に興味を持って下さり、訪問看護師の仕事についてお話をさせて頂きました。
病院と在宅の違い、訪問看護師の役割、訪問看護師の1日と短い時間ではありましたが実際に現場の写真をみてもらいました。
この先、学生の皆さんがどの様な道を選ばれるかわかりませんが、1つの選択肢として看護師・訪問看護があることを知ってもらえた事は嬉しかったです。
学生の皆さんのキラキラした目がとても、まぶしかったです。」

 

フレアスロゴ 菊池(鍼灸マッサージ師)
「看護師を目指す生徒さんに、将来、他職種連携で関わる機会があるかもしれない、ということで、鍼灸マッサージ師のお仕事についてお話させて頂きました。
真剣な眼差しにこちらの緊張も高まりましたが、一生懸命メモを取る姿には初心を思い出させて頂きました。
志の高い生徒さんが看護師になられ、同じ「在宅」の現場で一緒に活動出来る日を心待ちにしております。
私たちはその日までに、鍼灸マッサージ業の重要性や価値を今以上に認識してもらえるように、引き続き努力して参ります。」

お問い合わせ

訪問マッサージ・訪問看護のお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

株式会社フレアス 東京本社
(月~土/9:00~18:00)

0120-978-492

※フリーダイヤルが繋がらない場合は恐れ入りますが03-6632-9210へお問い合わせ下さい。
※お電話の際は「フレアスのホームページを見た」とお伝え下さい。

メールフォームでのお問い合わせ