ごあいさつ

在宅医療で明日を拓く

私たちにとって「家」はかけがえのない安らぎの場所です。
その住み慣れた「家」にいながらにして医療サービスを受けられる社会をつくること。それがフレアスの使命と考えています。

私たちは「ふれあい在宅マッサージ」として、2000年に山梨県で創業しました。
その後、福岡・沖縄・金沢と、各地に仲間を増やし、現在では、札幌から沖縄まで37都道府県54事業所(ステーション)91拠点(※2015年5月現在)に活動の輪を広げてまいりました。
そして2011年7月、ご利用者様により充実した在宅医療サービスをお届けする会社になるべく、社名を「株式会社 フレアス」に変更いたしました。

手のぬくもりを通した心と心のふれあいは、患者様の生きる力となり、私たちがさらによい仕事をする力となります。
よりよい仕事をすることによって、よりよい社会をつくるお手伝いをフレアスはこれからも続けてまいります。

株式会社フレアス 代表取締役社長 澤登 拓 

澤登 拓 プロフィール

澤登 拓(さわのぼり たく)

株式会社フレアス 代表取締役社長

自己紹介

山梨県生まれ。
1991年から北京中医薬大学にて東洋医学を学び、帰国後、東海医療学園専門学校を卒業。1999年にあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の国家資格を取得し、治療院にてマッサージ師の道へ。
寝たきりになったままであるという日本の在宅介護の現状を目にして、この状況を変えたいとの想いから、2000年に在宅マッサージ事業をスタート、「ふれあい在宅マッサージ」を設立。2011年に幅広く医療を在宅の現場に提供していきたいと考え「株式会社フレアス」に社名を変更する。
現在は、北海道から沖縄まで日本全国に事業所を展開。在宅マッサージ、訪問看護など、『日本の在宅事情を明るくする』というビジョンに基づき活動。日本の在宅事情を明るくするべく、日々励んでいる。
2013年3月、東京医科歯科大学大学院(医療管理学)修了。2015年より、やまなし大使に就任。

著書

「今すぐ始めたい人の在宅マッサージ入門」(医道の日本社、2011年4月)

フレアスについて

ニュースリリース

パラリンアートの作品がやってきました

パラリンアートの作品がやってきました

”一般社団法人障がい者自立推進機構”主催の”パラリンアート”より障がい者アーティストの絵をお借りし東京本社に展示させていただくことになりました。

第43回青年経営者全国交流会に参加

第43回青年経営者全国交流会に参加

9月10日(木)~11日(金)にかけて中小企業家同友会全国協議会主催の青年経営者全国交流会が甲府市で開催され、弊社代表取締役社長の澤登が記念講演を務めさせていただきました。

メディア掲載情報

ブログ