在宅マッサージ入門 ワークショップ

訪問マッサージ入門セミナー

フレアスロゴ ご案内

2,000年に介護保険制度が開始されて以降、在宅マッサージ・在宅鍼灸に従事する施術者数は増加の一途をたどっています。
現在は鍼灸・マッサージ専門学校の卒業生のおよそ半数が勤務、開業の区別を問わず在宅マッサージに従事している状況があります。しかし、鍼灸・マッサージ師は開業権が認められている一方で、看護師、理学療法士の教育課程で行われているような医療機関での実習はありません。

在宅マッサージ・在宅鍼灸は、介助の必要な高齢者に適した施術方法や機能訓練を求められる場面もあるため、より専門的な理解が必要となります。
本講座では、臨床現場で必要とされる施術方法や機能訓練などの内容を通じて、在宅マッサージを始めて間もない方、未経験の方に在宅マッサージを理解していただくことを目的にしています。

※資格のない者が患者様に鍼灸・マッサージを行うことは法律で禁止されています。直接、患者様に対して施術等を行うものではありません。

フレアスロゴ スケジュール・開催内容

在宅マッサージを始めて1年未満の方、もしくは業界未経験の方を対象にワークショップを開催しています。
また、解剖学や疾患の知識を再確認したい方、施術の基礎を見直したい方、在宅患者さんの悩みを抱えている方もご参加いただけます。開催当日の1週間前までにお申し込みください。
なお、セミナーの質を担保するため、最少催行人数に達しない場合は開催を見送る場合もございます。
  • 時間帯 : 土曜日 14時~16時
  • 会場 : フレアス東京本社 ⇒地図
  • 参加費 : 3,000円 ※専門学校在校生は無料です
  • 定員 : 10名
※タイトルをクリックすると詳細をご覧いただけます。

1月21日『 脳血管障害に対するアプローチ』【開催済】

  • 開催内容 : 療養生活を送っている高齢者のうち、3人に1人は脳血管障害による片麻痺の患者さんです。リハビリ後の回復の程度には個人差があります。在宅に戻ってきてからの訓練も含めたアプローチをお伝えします。
  • 担当講師 : 池川 麻帆

2月18日『変形性膝関節症に対する知識と訓練法 』【開催済】

  • 開催内容 : 膝に痛みがあると外に出ることが億劫になり、徐々にADLの低下が進んでしまいます。痛みが出始めた場合、どんな訓練を行うことによって進行を防ぐことができるのか、実技も交えてお伝えします。
  • 担当講師 : 池川 麻帆

3月11日『安心できる身体介助』【開催済】

  • 開催内容 : 身体が動くうちは自分でできることは自分でしたい。寝返り、起き上がり、立ち上がりなどの基本動作をバイオメカニクスに基づいて分かりやすくお伝えします。
  • 担当講師 : 神田 浩士

4月8日『療養費制度について』【開催済】

  • 開催内容 : 療養生活を送っている高齢者にマッサージを行う場合、健康保険適用の対象となります。同意書の取得や療養費の仕組みについて、実例を挙げながら分かりやすく解説します。
  • 担当講師 : 神田 浩士

5月13日『浮腫に対するマッサージ』【開催済】

  • 開催内容 : 足に靴下の痕を見たことはありませんか?在宅療養している高齢者の足には、むくみがよく見られます。むくみのために起こってくる身体的トラブルを防ぐために、そのメカニズムとマッサージの技術をお伝えします。
  • 担当講師 : 神田 浩士

6月10日『ベッドサイドでできる機能訓練』【開催済】

  • 開催内容 : 加齢や日々の活動量の低下によって筋肉の量は減少し、サルコペニアとなるリスクが高まります。ベッドサイドで手軽に続けられる機能訓練(筋力増強訓練)を紹介します。
  • 担当講師 : 神田 浩士

7月 8日『変形徒手矯正術について』【開催中止】

  • 開催内容 :在宅マッサージの現場では、筋麻痺に対してマッサージを行うほか、拘縮のある患者様には変形徒手矯正術を行っています。関節拘縮の病態と関節可動域を拡大させる手技について、具体的な症例を交えながらお伝えします。
  • 担当講師 : 神田 浩士・関戸 詩緒

8月19日『パーキンソン病に対する理解と訓練法』【開催中止】

  • 開催内容 : 振戦、無動、固縮…。様々な症状がみられるパーキンソン病に対する有効なアプローチ方法は?患者様の日常生活の理解とマッサージ施術、機能訓練についてマッサージ師の立場からお伝えします。
  • 担当講師 : 神田 浩士

9月 9日『在宅マッサージのリスク管理』【開催中止】

  • 開催内容 : 在宅の現場では、治療院や病院での施術とは違うリスクが潜んでいます。リスクを回避する為に必要な心構えと取り組みを事例を交えてお伝えします。
  • 担当講師 : 有賀 広

10 月 7日『施術前後の姿勢評価法』

  • 開催内容 : 地球上に住む私たちは常に重力の影響を受けています。
    臥位、座位、立位などの姿勢ごとに「良い姿勢とは何か?」をテーマに姿勢を評価、検証し、施術に活かす考え方を学びます。
  • 担当講師 : 関戸 詩緒

11月11日『脳血管障害に対するアプローチ』

  • 療養生活を送っている高齢者のうち、3人に1人は脳血管障害による片麻痺の患者さんです。リハビリ後の回復の程度には個人差があります。在宅に戻ってきてからの訓練も含めたアプローチをお伝えします。
  • 担当講師 : 神田 浩士

12月9日『頚部のマッサージと嚥下体操』

  • 開催内容 : 生きることに必要不可欠な食べるということ。その為には飲み込むという動作は欠かせません。ご利用者様に楽しい食事を続けて頂けるマッサージと嚥下体操を身につけましょう。
  • 担当講師 : 関戸 詩緒

フレアスロゴ 開催レポート

ワークショップでは、解剖学や運動学の知識とともに、在宅マッサージの現場でニーズの高い手技を紹介しています。過去に行ったテーマは開催レポートにて詳細をお伝えしています。一部、動画もありますので、ご覧ください。

フレアスロゴ セミナー一覧

フレアスロゴ 在宅マッサージ入門 ワークショップ ご予約/お問い合わせ