“訪問マッサージ”のワークスタイル(職種紹介)

~訪問マッサージ事業所の構成~

訪問マッサージの事業所に欠かせない存在が、実際に患者様へ施術を提供する「マッサージ師」と、ケアマネージャーを通じて患者様にフレアスのマッサージをご紹介する「相談員」です。
また、「事業所長(相談員もしくは施術者を兼務)」が事業所全体の管理業務を担い、規模が大きい事業所では、事務業務を専属で担う「事務員」、視覚に障害を持つマッサージ師をサポートする「ライトサポーター」も在籍し、皆が一丸となって地域の在宅療養者様へ「訪問マッサージ」をお届けしています。

フレアスロゴ 事業所長

事業所責任者として、売上げの管理やスタッフの労務管理やマネジメントなど、事業所管理業務全般を担います。同時にプレーイングマネージャーとして、営業活動(ケアマネージャーなど介護・医療担当者へのサービス提案や連携業務)、あるいは施術業務(あん摩マッサージ指圧師のみ)をお任せします。

最も大切なミッションは、事業所のスタッフが毎日笑顔で、在宅療養者様へのサービスを提供できる環境を維持する事、そのために事業所のチーム力を高めていくこと、その結果、事業所の運営を継続していくのに十分な利益を確保することです。

訪問マッサージ事業所長

フレアスロゴ 施術者

お申込みをいただいた患者様へ、医療マッサージおよび鍼灸治療(有資格者のみ)を提供する、現場の最前線の役割を果たすのが施術者です。把握揉捏をベースとした「フレアス式マッサージ」により、循環改善や筋緊張の緩和、関節拘縮の緩和を促します。

また、お身体のケアのみならず、患者様やご家族(介護者)とのコミュニケーションにより、心のケアを目指すことも在宅マッサージならではの大切なミッションです。そのためにフレアスの施術者は、「知識」「技術」「接遇」を兼ね備えた治療家となるための高度な教育訓練を受けています。

訪問手段は自動車(東京都内は電動自転車)となりますが、
運転免許をお持ちでない方にはドライバーが同行し、運転代行をします。
※視覚支援学校卒業生も全国で活躍しています。

フレアスの訪問マッサージ師

フレアスロゴ あん摩マッサージ指圧師(常勤)

フレアスロゴ あん摩マッサージ指圧師(常勤・運転免許のない方)

フレアスロゴ あん摩マッサージ指圧師(非常勤)

フレアスロゴ 相談員

在宅マッサージを必要とされている在宅療養者様と、フレアスのサービスを結びつける役割を果たすのが相談員です。介護事業所等へ訪問し、ケアマネージャーや介護・医療担当者へフレアスの在宅マッサージを紹介し、患者様のご紹介を頂きます。
また、お申込みをされた患者様がサービスをスムーズにお受け頂くための連携業務や、患者様・ご家族様のサポートもお任せします。

最も大切なミッションは、在宅医療を必要としている一人でも多くの方に、フレアスの在宅医療サービスをお受け頂き、喜びの和を広げ続けることです。

相談員の女性ふたり

フレアスロゴ 相談員

フレアスロゴ 事務員

事業所の事務業務(診療報酬の請求に関る書類の仕分けや整理や提出・書類作成)、電話対応(ケアマネージャーや患者様・ご家族からの連絡対応)、庶務業務(備品管理や経理務補助)など、一般事務業務全般を担います。

事業所の運営を支える縁の下の力持ちとして、全てのスタッフが笑顔でスムーズに仕事ができる環境を整えることがミッションです。

訪問マッサージ事務員

フレアスロゴ ライトサポーター(ドライバー)

フレアスには、視覚に障害を持つ施術者(視覚支援学校卒業者)も多数在籍しています。車両の運転が難しい施術者が患者様のお宅へ訪問する際に、運転の代行を担うのがライトサポーターです。

また、患者様のお宅や施設における施術者の誘導、施術記録や報告書作成の補助も担います。視覚に障害を持つ施術者の灯り(Light)として、様々な面から業務をサポートすることから、「ライトサポーター」と呼ばれています。

訪問マッサージに同行するドライバー