フレアスは「どのような考え方を持って行動するのかが大切である」と考えています。仕事において、「しっかりした成果を出すこと」の前提は、「正しく考えること」、そして「その考えのもとに、熱意と情熱をもって行動すること」であると考えます。
フレアスでは、行動のベースとなる「考え方」を最も大切にしています。

フレアスロゴ フレアスの行動規範

1.感謝の気持ちを大切にします

私たちが仕事や生活をしている日常的な環境を当たり前と思わず、1つ1つの出来事に感謝の気持ちを持つことが大切です。感謝する気持ちは人間関係を構築して行く土台になります。保険制度が使えることや利用者が当社のサービスを受けてくれること、先輩が教えてくれること、新しい社員が当社を選んでくれたこと、悩みを聞いてくれる同僚がいることなど、先人の努力や相手の存在、行いに感謝しましょう。

2.相手に敬意を払い接します

私たちは、一人一人が受けて来た教育や経験から、様々な価値観を持っています。もし自分の価値観と違いがあっても、まずは相手の意思や意見を聞き、礼を尽くして対話を重ねることで、互いの理解を深めることが出来ます。仕事の上では様々な立場や役割があります。互いの立場を理解し尊重することで、更に良い関係性が構築されます。

3.謙虚な気持ちを持ち続けます

自分自身のいたらなさを素直に受け止め認識し、そこから努力するという謙虚な姿勢が自分を成長させます。他者からの意見を素直に聞き入れ、考えて理解します。そして、間違いを認め、足りない部分を補う努力をし、自分の成長に繋げていきます。

4.誠実に考え行動します

物事に真摯な姿勢で取り組むことが大切です。「遵法」は当然のこと、世の中の道理に照らして、正しく判断し行動することが、私たちが存続する上での必要不可欠な要素です。不誠実な選択をせず、正当な利を得る姿勢を貫きます。また、自分の役割に対しても相手に対しても、誠実な態度を取っていきます。

5.常に仕事の質を高めます

今日よりも明日、明日よりも明後日と、仕事の質を高めて行く努力を怠りません。私たちは利用者に「安らぎ(心)と高い品質(技術)」を兼ね備えたサービスを提供するために、自らの知識や技術を高める姿勢が求められています。半年後、一年後の自分が、今よりもっと高いレベルで業務を遂行できることを常に目指していきます。

6.スピードをもって行動します

スピードは価値であり、また早い対応は相手への敬意でもあります。同じことをするのでも、その対応が早ければ「最優先で対応してもらっている」と満足度が高まり、また感動を与えることも出来るでしょう。相手の立場に立って考え、迅速な対応を取ることが大切です。正確に業務を完了させるのはもちろんですが、いかにスピードをもって遂行するのかも同時に考え行動します。

7.仲間を支えます

常に相手が何を欲しているのか、どうすれば喜んでくれるのかを察する姿勢が、良好な人間関係を構築します。また、相手が困っている時、課題に直面している時に率先して手を差し伸べ、共に解決を図ります。私たちは、自分に取って都合の良い関係を作るのではなく、どうしたら相手の助けになるかを考える『利他の心』を大切にします。支え合うことはチームとして存在する大きな意味であり、職場の仲間はもちろん、部門を超えて全社で助け合う姿勢を大切にします。

8.信頼関係を大切にします

フレアスは信頼関係の上に成り立つ会社であり、信頼は会社の基盤となるものです。社内外問わず、期待されている事柄に確実に応えることや、相手の立場に立って物事を考えたり、最善を尽くす姿勢が、私たちの活躍できる場所を広めて行きます。
私たちは一つ一つの出会いを大切にし、そこに築き上げた信頼関係を更に強固にするための活動を怠りません。

9.経済的な合理性を意識します

事業を継続、発展させるためには、利益を生み出すことが必要です。それは、社員の一人一人が安心して働くための基盤となり、利用者に責任を持って良いサービスを届けることにつながります。私たちは品質を向上させると共に、自分がどれくらいの付加価値を生み出しているか、採算性や生産性はどうかという意識をもち、社員として事業の継続と発展に貢献します。

10.決めた事を徹底します

物事を徹底する力は、結果を出す上で重要な要素です。決めた事を継続しやり遂げることで、次のステップへとつながります。戦略を決めてもそれが徹底されなければ、正しかったのかどうかも分からず、次の手を打てません。掃除、挨拶といった基本的なことから、目標や戦略といった実行計画、そしてルールなど、決めた事は徹底して遂行しましょう。

11.自主的に行動します

創造的に考え、率先して行動に移す姿勢が、新たな価値を生み出します。「言われたことしかしない」という姿勢では物事は前に進みません。一人一人が自ら考え行動することが大切であり、またその学びや経験が自らの成長を促します。私たちは、自ら積極的に行動する姿勢を尊重します。

12.明るく前向きに行動します

例えば、「明るく、前向きに業務を行う」ということは、自分自身が仕事を楽しみ、職場を愛するところから生まれます。このような考え方は、他のメンバーにも影響を与え、職場の雰囲気づくりやチームで行動する上でも欠かせません。逆に、マイナスな発言や思想は物事の発展を止めてしまいます。批判や非難はしない、不平は口にしない姿勢が大切です。マイナスワードは周囲の雰囲気を壊し、またそれを言っている人間の回りには人は集まってこないでしょう。私たちは「前向きな発言」と「笑顔」で、プラスのエネルギーの連鎖を拡げていきます。

13.変化を恐れず新しいことに挑戦します

人は誰もが変わることに抵抗感や恐怖感を感じるものです。しかし、変わらないことに固執し続ければ、「古くなり、取り残され、忘れ去られる」ことになります。私たちを取り巻く環境は、もの凄いスピードで変化をしています。その変化を先取り、人も組織も環境に適応し、また挑戦し続ける姿勢が、事業を継続し発展させる上で重要です。

14.一生懸命仕事に打ち込みます

自分の役割をしっかりと認識し、相手からの期待に応えるために何をすべきなのかを考え、それに向けて真摯に取り組む姿勢を大切にします。出会いや一期一会の精神を大切にし、今の自分に出来ることを精一杯やること、簡単に諦めず目の前の仕事に全力で取り組み続けることが、自らの可能性を広げ、相手からも信頼を得ることに繋がります。

15.利用者にとっての最善を考えます

私たちは「自分にとって都合が良いことではなく、利用者にとっての最善」を選択する姿勢を大切にします。そして、それはただ目の前の利用者だけでなく、私たちに関わる全ての関係者や地域全体への貢献も含め、広い視野で物事を捉える視点を忘れません。

16.誇りを持って仕事をします

真っ直ぐに物事に取り組んでいるという自信、真摯に仕事に向かい合っているという自分への信頼感が誇りにつながります。私たちは、常に向上心を持つ仲間たちと共に、仕事を行っていることを尊びます。また、在宅医療・介護の一翼を担っていることに誇りを持ち、利用者に良いサービスを届ける努力を惜しみません。

17.全員参加で経営します

所属する部署において自分の役割を認識し、各々が業務を遂行することで全体の成果につながります。「誰かがやってくれるだろう」と思うのではなく、「一人一人が力を合わせて成果を出す」という認識のもと、全員参加で組織の運営に取り組みます。また、課題や目標に対して、チーム全体で取り組み、社員全員で適正な経営を行うという意識を大切にします。

会社理念