“訪問看護”のワークスタイル(職種紹介)

~訪問看護ステーションの構成~

訪問看護ステーションに欠かせない存在が、ご利用者様へ看護やリハビリを提供する「看護師」と「リハビリスタッフ(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)」です。ステーションの管理業務全般を担う「管理者(訪問看護を兼務)」、縁の下の力持ちとしてステーションの運営をサポートする「事務員」も在籍し、ステーションのスタッフ全員が一丸となって地域の在宅療養者様へ「訪問看護」をお届しています。

フレアスロゴ 管理者(所長)

ステーションの責任者として、診療報酬請求や入金の管理を含む売上管理、スタッフの労務管理やマネジメントなど、ステーション管理業務全般を担います。同時にプレーイングマネージャーとして、スタッフ看護師と共に訪問看護を担います。

最も大切なミッションは、ステーションのスタッフが毎日笑顔で、在宅療養者様へのサービスを提供できる環境を維持する事、そのためにステーションのチーム力を高めていくこと、その結果、ステーションの運営を継続していくのに十分な利益を確保することです。

訪問看護ステーションの所長

フレアスロゴ 看護師

訪問看護を必要とされている方へ訪問看護を提供する、現場の最前線の役割を果たすのが看護師です。医師の同意に基づく医療措置(注射や点滴など)、胃ろう・ストーマの管理、褥瘡の処置、入浴の介助まで、あらゆる看護を通じてご利用者様のお身体と生活をサポートします。

また、患者様やご家族(介護者)とのコミュニケーションにより、心のケアを目指すことも訪問看護ならではの大切なミッションです。そのためにフレアスの看護師は、「知識」「技術」「接遇」を兼ね備えた看護師となるための高度な教育訓練を受けています。

訪問看護師のふたり

フレアスロゴ 看護師(常勤)

フレアスロゴ 看護師(非常勤)

フレアスロゴ リハビリスタッフ(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)

在宅でのリハビリを必要とされている方へ訪問リハを提供し、看護師とともに現場の最前線の役割を果たすのがリハビリスタッフ(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)です。ご利用者様が日常生活を送るにあたり、ひとつひとつの動作が少しでも楽になるよう、リハビリを通じてサポートをします。

また、患者様やご家族(介護者)とのコミュニケーションにより、心のケアを目指すことも訪問看護ならではの大切なミッションです。そのためにフレアスのリハビリスタッフは、「知識」「技術」「接遇」を兼ね備えた治療家となるための高度な教育訓練を受けています。

理学療法士(PT)の施術現場

フレアスロゴ リハビリスタッフ(常勤)

フレアスロゴ リハビリスタッフ(非常勤)

フレアスロゴ 事務員

ステーションの事務業務(診療報酬の請求に関る書類の仕分けや整理や提出・書類作成)、電話対応(ケアマネージャーやご利用者様・ご家族からの連絡対応)、庶務業務(備品管理や経理務補助)など、一般事務業務全般を担います。

ステーションの運営を支える縁の下の力持ちとして、全てのスタッフが笑顔でスムーズに仕事ができる環境を整えることがミッションです。

※現在募集は行っておりません。

訪問看護の事務員