「安らぎ(心)」と「高い品質(技術)」を兼ね備えたサービスを提供するフレアスだからこそ、スタッフの教育には最も力を入れています。在宅マッサージ17年の実績の中で蓄積したノウハウを基に、各施術者の熟練度合いに応じた様々な研修を実施しています。

フレアスロゴ 初任者研修(入社時研修)

フレアスへ入社後、はじめにお受け頂く研修です。毎月の入社者を対象に、東京本社で実施しています。

プログラムは、フレアスの企業理念の理解から始まり、在宅マッサージの仕組み(お申込みから施術までの流れ)、保険請求の仕組み、患者様やご家族に対する接遇、交通安全などを座学で学び、実技プログラムでは、患者様の問診に始まり、患者様の体位変換、評価法、循環改善マッサージ、ROM訓練、関節拘縮へのアプローチまで、実際の現場で必要となる知識と技術を、マンツーマンでレクチャーしていきます。

5日間40時間に及ぶ研修では、在宅マッサージに関する知識や技術はもちろん、リンパケアや福祉用具の理解を深める講義、チーム力を高めるためのプログラムを導入し、「治療家として、人間として成長できる研修」を目指しています。

訪問マッサージ師初任者研修

フレアスロゴ シニアトレーナー研修

フレアスの技術開発の主要メンバーとして、全国の各エリアを受け持ち、レベルアップを図る「シニアトレーナー」のための研修です。現状の問題を分析し改善策を見出すとともに、新たな技術や知識を習得し、それらをどのように現場に広めていくかを考え、実施していくための研修です。

マッサージ師シニアトレーナー研修集合写真

フレアスロゴ トレーナー研修

施術者の中でも指導的立場となる「トレーナー」や、トレーナーを目指すスタッフに対する研修です。実技だけではなく、外部講師を招いてコミュニケーションについて学ぶなど、トレーナーとして「リーダーシップ」を高めるためのプログラムを取り入れています。

マッサージ師トレーナー研修風景

フレアスロゴ フレアス国試

あらゆる症例に対応できる「医療知識」を皆で習得するための「全社一斉テスト」を、年に3回実施しています。その名も「フレアス国試」。もちろん採点されるテストですが、点数が評価の対象になるものではなく、皆で勉強する機会を持つための工夫なのです。

フレアス国試の用紙

働く環境