静岡事業所訪問

静岡に来ている。 静岡県訪問看護ステーション協議会を訪問したが、事務局の方より色々と話を聞いた。 「病院看護と訪問看護は全く違う、それは医療モデルか生活モデルかの差である」という話を聞いて なるほどと思った。 普段は家族

三重事業所訪問

三重県の津に来ている。 日本一短い駅名だそうだ。 少し郊外に行くと田園風景が広がっていて、稲穂が黄金色に色づいていた 訪問した「安濃津ろまん」というサービス付き高齢者住宅は入居者定員240名という大きな施設で驚いた。 ロ

奈良事業所訪問

奈良に来ている。 事業所でもウェルカムボードの鹿が出迎えてくれた。 受付にある観葉植物は5年前の開設時に贈ったものだが、見事に大きく成長していた。 事業所のメンバーが毎日世話をしているとのことだが、彼女によると「植物にも

福井事業所訪問

福井事業所に来た。 前回訪問からちょうど半年になる。 ミーティングに参加して、皆がディスカッションしているのを見たが、とても真剣であった。 「信頼関係を大切にするには」「仲間をささえることとは」など、チームがより良くなる

富山事業所訪問

富山事業所を訪問した。 久しぶりに訪問して思い出したことがある。 7年前に富山事業所を立ち上げた時には、富山県に在宅マッサージの存在がほぼなかったと聞いた。 開設した時、療養者の方から「ずっと苦しい思いをしてきた、もっと

富山県のパーキンソン病への取り組み

富山県高岡市で、パーキンソン病の方へのトレーニング施設を開設している畠勲児さんを訪ねた。 畠さんは、自宅の一部を改修し公費に頼らず自費にて運営をされている。 訪問した時は、歌うことによって呼吸機能の訓練を促す音楽療法をし

金沢事業所訪問

金沢事業所に来ている。 ミーティングに参加したが、新しくなった行動規範について皆でディスカッションしていた。 全員参加で熱く語り合う姿はとても真剣だ。 「仲間を支える」というテーマについて「私たちはフレアスという一つの船

おむつゼロ運動

帯広で先進的な取り組みを見た。 「おむつゼロ運動」とは、要介護者の方もトイレで排泄ができるように「水分や食事の摂取」、「内臓機能の調整」、「歩行訓練」をして最後までおむつを使わないようにしようという試みで、国際医療福祉大

帯広事業所訪問

帯広事業所を訪問した。 フレアスでは「感謝の気持ち」を大切にしているが、帯広事業所ではそれが溢れていた。 自分の感じた感謝の気持ちや、利用者の方からもらった感謝の言葉を形にしているという。 出してくれたお茶のマグカップに

長野事業所訪問

長野の松本事業所を訪問した。 久しぶりの訪問だが、メンバーも増えて30人以上となっていた。 フレアスでは、山梨に次ぐ規模である。事業所も移転し広々としていた。 長野はフランチャイズとして事業を行っているが、順調に成長して