フレアスの訪問看護サービス

フレアスの訪問看護サービス

全国、一人でも多くの方にフレアスのサービスを提供し、日本の在宅事情を明るくしたい

訪問看護とは?

看護師などがお住まいを訪問し、療養生活を送っている方の看護を行うサービスです。

本人や家族の意思、ライフスタイルを尊重して、QOL(生活の質)が向上できるよう予防的支援から看取りまでを支えます。

本人のみならす家族の健康状態もチェックし、一人ひとりの健康課題を早期に発見、医師と連携して病気の発症や重症化を防止します。
歯科医師や薬剤師、理学療法士、ケアマネージャーなどの多職種とも連携し、状況に応じて他の在宅サービスも取り入れていきます。

フレアスの訪問看護とは

フレアスロゴ 訪問看護を受けられる人は?

病気や心身の障がいのために、療養生活の支援を必要とする方や終末期ケア(工ンドオブライフケア)を必要とする方。乳幼児から高齢者まで、主治医が訪問看護の必要を認めたすべての方が受けられます。

医療保険制度で訪問看護を利用する場合は、疾病または負傷のために在宅での療養が必要な方、介護保険制度の場合は要介護・要支援の認定を受けた方、そのほか公的扶助や労災保険などでも利用できます。

医療処置が必要な方や重症な方だけでなく、閉じこもりがちな高齢者で寝たきりになるおそれがある方 (廃用症候群)、リハビリテーシヨンや服薬指導が必要な方、認知症や糖尿病 、リウマチ、パーキンソン病、慢性閉塞性肺疾患 、心臓病、がん治療後などで在宅療養が必要な方も訪問看護を利用できます。
在宅での療養が必要なご本人はもちろん、そのご家族も支援します。

訪問看護のサービスを受けられる方

フレアスロゴ 訪問看護は誰が来てくれるの?

訪問看護ステーションに看護職員として在籍している保健師、助産師、看護師、准看護師が訪問します。

訪問看護ステーションによって職種や人数は様々ですが、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)が訪問看護のカテゴリーで機能訓練を行うこともあります。
病院や診療所では看護職員のみが訪問看護を行います。

訪問看護師・理学療法士・言語聴覚士・言語聴覚士

フレアスロゴ 訪問看護では、どんなサービスが提供されますか?

お住まいで本人や家族が心配なこと、不安なこと、希望することについて相談にのり、療養生活がスムーズに行えるよう支援するほか、心身の健康状態や病状 、治療の状況、療養や介護の状況、社会生活、療養環境などを総合的に判断し必要な看護を行います。

ご利用方法 1回のサービス時間
医療保険で訪問看護サービスを利用する場合 30分~1時間30分
精神科訪問看護の場合 30分未満または30分以上
介護保険で訪問看護サービスを利用する場合 120分未満、30分未満、30分 1時間未満、1時間~1時間30分未満のいずれか
※20分未満の場合、週1回は20分以上の訪問看護を必要とします。
※理学療法土などの訪問看護は、1回20分以上で週6回までです。
訪問看護のサービス内容

フレアスロゴ 訪問看護を提供する拠点は?

  • 訪問看護ステーション
    都道府県知事の指定を受け、訪問看護を専門に行う事業所です 。
  • 医療機関(病院 ・診療所)
    病院や診療所内に「訪問看護部門」を設け、退院時に在宅療養が必要な方、病院や診療所に通院したり、訪問診療・往診を受ける方に訪問看護を行っています。
  • 定期巡回 ・随時対応型訪問介護看護事業所(地域密着型サービス)
    24時間対応の訪問や相談を行う介護と訪問看護の一体型サービスです。
  • 複合型サービス事業所
    小規模多機能型居宅介護と訪問看護のサービスです。
  • 民間企業などが行う訪問看護サービス
    民間企業と利用者との契約で行われる訪問看護サービスです。保険給付ではない料金体系で、特殊なケアやオリジナルのサービス内容があります。
訪問看護を提供するステーション

訪問看護師の声

  • 病院と違って訪問看護では本人や家族の希望にそった看護ができ、大きな力になれることに魅力を感じて訪問看護師になりました。
    最近、私自身が利用者から優しさをいただいたり、生き方を教わったりして、それが「元気」 のもとになっていることに気づきました。
    子育て中ですが、訪問看護ステーションの仲間が助けてくれるので、家庭と訪問看護を両立できます。

訪問看護のお問い合わせ

訪問看護のお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

株式会社フレアス 東京本社
0120-978-492

※フリーダイヤルが繋がらない場合は恐れ入りますが03-6632-9210へお問い合わせ下さい。
※お電話の際は「フレアスのホームページを見た」とお伝え下さい。

メールでのご応募・お問い合わせ