フレアスのリンパケア

フレアスのリンパケア

フレアスロゴ リンパ浮腫とは?

リンパ浮腫とは、何らかの原因でリンパ節やリンパ管が切断・閉塞されてしまったことで、皮下組織にリンパ液が溜まって生じる浮腫のことです。
生まれつきの発育不全や乳がん・子宮がん・前立腺がんの手術や、放射線療法で発症することが多いようです。

リンパ浮腫を正しく理解し、ケアを行うことで改善に向かわせることができます。大切なことは、あきらめないことです。

フレアスロゴ フレアスのリンパ浮腫治療法

現在、リンパ浮腫に対して最も適切な治療法といわれているフェルディ式「複合的理学療法」を用いて治療を行っていきます。
「スキンケア(感染予防)」「医療徒手リンパドレナージ」「圧迫療法」「運動療法」の4つの治療を組み合わせながら治療を行うほか、施術によって改善された状態を保っていただくために患者様ご自身で行える「セルフケア」のご指導をいたします。

フレアスロゴ 4つのリンパ浮腫の治療法

  1. スキンケア
    免疫力が低下している皮膚は、乾燥し非常に傷つきやすく細菌感染などの合併症を引き起こす場合があります。
    皮膚を清潔に保つためのスキンケアについてご指導いたします。
  2. 医療徒手リンパドレナージ
    全身のリンパの流れを考慮し、手足に貯留したリンパ液をリンパ管の障害部位を迂回して、正常なリンパ管へ誘導する特別なマッサージです。
    固くなった皮膚組織を柔らかく弾力性ある状態に改善する効果もあります(エステやマッサージ院のリンパドレナージとは異なります)。
  3. 圧迫療法
    改善された皮膚や浮腫の状態を保つため、外から弾性包帯(バンテージ)で締め付け、かつストッキング・スリーブを着用して患部を圧迫させます。余分なリンパを排出させ、浮腫を減少させます。
    患者様ご自身でご負担なく圧迫療法を日常生活の一部にできるようサポートして参ります。
    むくみに合併する症状にも効果的な治療法です(弾性着衣は療養費の給付が認められます)。
  4. 運動療法
    圧迫療法を行った状態で運動すると、リンパ管が更に刺激を受けてリンパ液の排出が促されます。
    特別な運動は必要ありません。

フレアスロゴ 治療の流れ

  1. 過去の病歴、手術歴、現病歴が書かれた「診療情報提供書」を主治医の先生からいただいてください。
    受診希望日をお電話でご連絡ください。
  2. 主治医の先生からの情報と、問診票、カウンセリングにより患者様の状況を確認させていただき、個々の治療メニューを作成します。
  3. 初回から5回~12回の集中治療を通してリンパ浮腫への理解を深めていただき、ご自宅で「セルフケア」ができるようにご指導もいたします。
  4. その後は1~2か月に1回程度、ご自身ではケアしきれていない患部のケアや維持管理のご指導をいたします。

訪問マッサージのお問い合わせ

訪問マッサージのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

株式会社フレアス 東京本社
0120-978-492

※フリーダイヤルが繋がらない場合は恐れ入りますが03-6632-9210へお問い合わせ下さい。
※お電話の際は「フレアスのホームページを見た」とお伝え下さい。

メールでのご応募・お問い合わせ