鍼灸治療

鍼灸治療
神経痛、リウマチ、頸腕症候群、五十肩、腰痛症、頸椎捻挫後遺症(ムチウチ)等の慢性的な疼痛疾患が健康保険の適用疾患とされています。
日々のつらい痛みを和らげるために、鍼または灸あるいはその両方を用いて施術します。

西洋医学的アプローチに東洋医学的アプローチを統合した施術がフレアスの特長です。
ケガによる急性症状と違い、様々な要因が複雑に絡み合う慢性に移行した症状に効果を発揮します。

フレアスロゴ 鍼灸施術によって期待される効果

東洋医学では病気や症状だけを診るのではなく、個人を全体的に捉え1人1人に合わせた治療を行うのが特長です。
四診といって以下のような点を参考に証を立て、その人に合ったツボ・刺激量・刺激方法で治療を行います。
自然治癒力が高まり、痛みや症状の根本的治療に繋がります。

望診(ぼうしん)(視診) 動作、顔色、表情など  舌診(色、形、苔の状態)
聞診(ぶんしん) 声、呼吸音、咳、くしゃみ、臭いなど
問診 既往歴、生活習慣、現在の症状など
切診(せっしん)(触診) 脈診、腹診、切経(ツボの反応をみる)
筋肉内の硬結部位に対し物理的な刺激を与えることで筋緊張緩和を図るだけでなく、免疫系や自律神経系に働きかけることで血流改善や鎮痛効果をもたらします。

鍼と言うと恐怖心を抱く方がいらっしゃいますが、使用する鍼は髪の毛ほどの細さ(直径0.14mm~0.2mm程度)。施術者は刺入痛を抑える技術を養成機関でトレーニングしていますので、痛みを感じることはほとんどありません。
感染対策として、1本ずつ滅菌処理されたディスポーザブル(使い捨て)鍼を使用しますので、安心して治療を受けることができます。

フレアスロゴ 灸(きゅう)

ヨモギにはチネオールという精油成分が含まれており、東アジアを中心に古来から傷治療や殺菌等に用いられてきました。
お灸は、ヨモギを乾燥させた艾(もぐさ)が原料として使われており、温熱刺激による冷えの解消や血行促進、筋緊張・痛みの緩和が期待出来ます。
お灸には様々な種類がありますが、フレアスの施術は温灸が中心です。

温灸は間接灸の一種で、肌に直接お灸を置くのではなく、熱感よりも心地よい温かさが感じられる手法です。希望する方にはモグサを直接肌に置く直接灸も行います。

フレアスロゴ 対象となる方

歩行が困難な方・寝たきり等で在宅療養されている方のうち、神経痛(坐骨神経痛等)、リウマチ、頸腕症候群、五十肩、腰痛症、頸椎捻挫後遺症(ムチ打ち)等の慢性的な疼痛疾患を患っている方が対象になります。
在宅鍼灸治療をはじめる前に、医師の同意書が必要です。

訪問マッサージのお問い合わせ

訪問看護のお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

株式会社フレアス 東京本社
0120-978-492

※フリーダイヤルが繋がらない場合は恐れ入りますが03-6632-9210へお問い合わせ下さい。
※お電話の際は「フレアスのホームページを見た」とお伝え下さい。

メールでのご応募・お問い合わせ

 

訪問マッサージについて