社長メッセージ

“Aging in Place“ 看取り難民ゼロを目指して

株式会社フレアス 代表取締役社長 澤登 拓

2000年、介護保険制度がスタートしたその年、山梨県にある私の実家の応接間で、フレアスはスタートしました。
はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師(鍼灸マッサージ師)の国家資格を活かし、よりプライドを持って活躍できる場所を求めて始めた在宅マッサージ。その反響は、予想をはるかに超えるものでした。
「おじいさんの笑顔を半年ぶりに見た」
「死にたい死にたいと言っていたおばあさんが、生きることに前向きになった」
「介護疲れで心中まで考えていたが、先生のおかげで夫婦に笑顔が戻った」等、お身体へのアプローチだけではなく、ご利用者様やそのご家族の「生活の質」までを支える事ができる「在宅マッサージ」の魅力を感じると共に、“このサービスを全国の在宅療養者にお届けしたい“との想いから、2002年より「ふれあい在宅マッサージ」の名で、全国への展開を開始しました。
訪問マッサージを行う澤登代表
2025年、いわゆる「団塊の世代」が後期高齢者となるこの年に、日本は大きな課題を抱えることとなります。高齢世代の医療・介護のニーズが爆発的に増加し、2030年には最期の場所すら定まらない「看取り難民」が、40万人に達するとも言われています。(注)
そのような中、より幅広い在宅サービスを多くの方にお届けする企業を目指し、フレアスは2011年に社名を一新。在宅マッサージサービスに加え、訪問看護等のサービスもスタートしました。
 
現在、私たちのサービスをお受けいただく方は全国でおよそ10,000人。ただし、看取り難民が40万人に達すると言われる2030年まで残り11年、私たちのサービスはまだまだ十分ではありません。
看取り難民ゼロを目指し訪問マッサージを行う
看取り難民ゼロを目指し在宅マッサージを行う。それを私たちフレアスの使命とし、「日本の在宅事情を明るくする」との経営ビジョンを、共に実現できる多くの仲間を求めています。
貢献のためのチャレンジを続ける企業を目指して。あなたのチャレンジを心よりお待ちしております。

株式会社フレアス 代表取締役社長 澤登 拓
 
 
(注)厚生労働省『入院・外来・在宅医療について(総論)』「死亡場所別、死亡者数の年次推移と将来推計」より

在宅医療で在宅事情を明るくする仲間を募集しています

会社理念