株式会社フレアス(freasu)

モノクロモードアイコン モノクロモード OFF

訪問看護サービスの内容について

service
訪問看護サービスの内容について キービジュアル

訪問看護の提供サービス

SERVICE
訪問看護の提供サービス

ご本人やご家族が心配なこと、不安なこと、希望することについてご相談にのり、療養生活がスムーズに行えるよう支援するほか、心身の健康状態や病状、治療の状況、療養や介護の状況、社会生活、療養環境等を総合的に判断して必要な看護を行います。

  • 1.病状や健康状態の管理と看護

    体温、脈拍、血圧、酸素飽和度、呼吸状態等のチェック、感染症の有無、心身の健康状態、障がいの状態等を観察し、状態に応じた助言と身体状況に合わせた支援を行います。
    必要に応じて主治医に連絡を取り、指示通りの処置を行います。

  • 2.療養生活の相談・支援

    食事や運動、口腔ケア、清潔ケア、排泄のケア等様々な療養上の助言を行い、健康状態の維持・改善を図ると共に、生活のリズムを整えます。
    退院直後で気管を切開している方、ストーマ(人工膀胱や人工肛門など)を造設している方、皮膚の潰瘍 (創傷)等がある方、病状が不安定な方の場合は、訪問看護師が安全性とケア方法を判断し支援します。

  • 3.主治医の指示に基づく処置

    主治医と連携し、指示に基づく処置を行います。
    在宅酸素療法を行う場合は、主治医の指示に基づきその範囲内で酸素量の増減、効果を確認します。
    また、薬剤師とも連携して服薬に関する助言、服薬の副作用の有無を確認します。
    その他膀胱留置カテーテルや経管栄養、人工呼吸器、人工肛門等の管理や緊急時の対応等を行い、観察 、計測等の管理を計画的に行います。

  • 4.苦痛の緩和と看護

    痛み(疼痛)、呼吸困難、発熱、不眠、便秘と下痢、倦怠感等の緩和を行います。
    病状を観察し、主治医の指示や薬剤師の処方の範囲内で薬の量を調整して、適切なケアを行います。
    在宅末期がん患者の場合、疼痛を緩和するための服薬支援、体位の工夫、マッサージ等身体的・精神的な支援を行います。

  • 5.リハビリテーション

    看護師・理学療法士・作業療法士等が、ADL(日常生活動作)の訓練、運動機能の回復・維持・低下予防、安楽な体位、床ずれ(褥瘡)や肺炎等の合併症の予防、呼吸機能や摂食、聴下機能の回復・維持・低下予防、関節拘縮(関節の動きが悪くなる状態)の予防等について助言や指導を行います。
    福祉用具の利用相談や導入は、福祉用具相談員等と協力して支援します。

  • 6.住まいの療養環境の調整と支援

    福祉用具相談員等、他の専門職と連携して、ベッドまわりの医療機器の配置、薬の保管場所、移動方法に関する助言を行ったり、入浴や排泄に必要な福祉用具、手すりの設置や段差の解消等、転倒防止を目的とした住宅改修について助言します。

  • 7.社会資源の活用

    地域包括支援センター、保健所、居宅介護支援事業所、市区町村の担当者等と連携して、保健・医療・福祉の制度の紹介や導入 、各種サービス提供機関との連絡や調整を行います。
    また、民生委員やボランティアの活用等、利用者が自立した生活を営めるよう地域の見守り体制を整えます。

  • 8.認知症の看護

    認知症の症状を理解した上で心身の健康状態を観察し、服薬を調整したり、周囲とのコミュニケーシヨンがスムーズにいくよう援助します。
    家族や主治医、多職種と協働してケアを行い、その人らしい生き方ができるよう支援します。

  • 9.精神障がい者の看護

    コミュ二ケーションに障がいがある方等には、自分の生活や将来等を主体的に語れる機会をつくり援助します。
    心身の健康状態を観察し、服薬の管理、治療の継続、生活リズムの調整、必要なサービスの活用(デイケア等)を、多職種と協働して支援します。

  • 10.終末期ケア(エンドオブライフケア)

    最期までその人らしい尊厳のある療養生活を送ることができるよう、ご本人やご家族の想いに沿って援助し、苦痛や倦怠感等を緩和するための看護や主治医の指示に基づく処置、緊急時の対応、精神的な支援を行います。
    かかりつけの主治医や他職種等と連携し、ご利用者様ご本人と家族を支えます。

  • 11.在宅移行支援

    訪問看護師が病院等に直接出向き、入院先の医師や看護師等と連携しながら、退院後の在宅療養の準備・指導を行います。
    医療器具を使用している方、がん末期や神経難病の方等、退院当日に自宅でのケアが必要な場合には、訪問看護師がご自宅を訪問してケアを行うことができます。

看護行為の実例

  • 服薬管理 服薬管理
  • 麻薬管理 麻薬管理
  • 皮膚のケア(気管切開部・胃瘻部・褥瘡部位等) 皮膚のケア
    (気管切開部・胃瘻部・褥瘡部位等)
  • 輸液ポンプ管理 輸液ポンプ管理
  • 点滴・注射 点滴・注射
  • 経管栄養(経鼻、胃ろう) 経管栄養
    (経鼻、胃ろう)
  • 気管カニューレ管理 気管カニューレ管理
  • 呼吸器管理、吸引 呼吸器管理、吸引
  • 在宅酸素ケア 在宅酸素ケア
  • 看取り 看取り
  • 排泄ケア 排泄ケア
  • 精神科看護 精神科看護

訪問看護サービスの対象となる方

SUBJECT
訪問看護サービスの対象となる方

下記のいずれかに該当する、乳幼児から高齢者まですべての方が対象となります。

  • かかりつけ医により
    訪問看護が必要と判断された方

  • 介護保険法により、
    要支援、または要介護と認定された方

  • 終末期ケア(エンドオブライフケア)
    必要とする方

  • 年齢を問わず、
    病気や障害などにより通院が難しい方

訪問看護サービスの活用方法

EXERCISE
訪問看護サービスの活用方法

01.相談窓口としてのご利用

「ご相談だけでも丁寧に対応させていただきます」

相談例

  • 訪問看護等医療系サービスの必要性の有無について
  • 保険制度について(医療保険or介護保険)
  • ケアの方針について etc…

02.ご相談・お悩みに対して、最適な看護サービスをご提案いたします

男性アイコン01

体の自己管理はできるけど少し不安がある…

女性スタッフアイコン01

服薬管理・生活指導など

女性アイコン01

排泄やお風呂・皮膚のことで相談したい

男性スタッフアイコン01

清潔ケアの実施

男性アイコン01

体にチューブや点滴が入ったまま過ごすことになった

女性スタッフアイコン01

医療処置やカテーテル管理などの支援

女性アイコン01

足腰が弱くなった

男性スタッフアイコン01

リハビリの実施

男性アイコン01

最後まで自宅で過ごしたい

女性スタッフアイコン01

ターミナルケアの実施

女性アイコン01

夜間早朝の急な体調変化が心配

男性スタッフアイコン01

24時間対応体制 ※別途ご契約が必要です

男性アイコン01

家族だけの介護では不安がある

女性スタッフアイコン01

医療処置やカテーテル管理などの支援

事例紹介

CASE
事例紹介

CASE.01 在宅でご自身の希望を叶えることができたケース

介入前の状況について

「胃がんの末期で余命6カ月と説明された」

「できることは自分でしたい」「妻と生活を続けていき自宅で最期を迎えたい」
退院調整が始まり、嘔気・嘔吐により経口摂取が困難になるため、1日おきに夕方から朝までポンプ使用による在宅IVH(中心静脈栄養)を行なう予定(昼間の活動を妨げないため)。
ご本人はIVHやポンプの指導後に自らマニュアルを作り、その通りに実施するなど几帳面な性格。
退院1カ月前に病院の退院調整看護師より、フレアスに依頼があった。

訪問看護開始後のケア対応

  1. ①退院に向けてIVH管理が自宅で出来るよう、退院前カンファレンスを実施

    • 訪問看護への希望:医療処置・ポンプトラブル時の24時間対応・疼痛緩和
    • 病院からの依頼内容:全身状態管理・ターミナルケア・家族支援
  2. ②退院時の退院調整ナース・ソーシャルワーカー様との必要物品等の確認・調達

  3. ③訪問看護でのご本人様のルートセット手技確認・ニードル針の刺入を実施

  4. ④ご家族様の今後の不安が多く聞かれていたことから、緊急時のオンコールについてのポイントを訪問時にご説明

最後は疼痛が強く入院となるが、ご本人様は3カ月間の在宅生活を継続され喜ばれていました

CASE.02 腹膜透析、ご利用者様の訪問看護利用

介入前の状況について

80歳男性・認知症がある妻と2人暮らしの生活を送っておられました。

次女様は市内在住・長男様は県外在住。
腎不全をはじめ慢性糸球体腎炎・腎炎貧血性潰瘍大腸炎、低カリウム血症があり要介護3であったが、屋内の日常生活は自立していた。
腹膜透析を確実に自分で行えることと夫婦2人での在宅生活を長く続けられることが目標で訪問看護を開始。

訪問看護開始後のケア対応

  1. ①身体状況の観察、腹膜透析の指導・管理、点滴実施、入浴や清拭他日常生活の支援アドバイスとご本人の意思を尊重したご夫婦2人での生活が続けられるよう在宅療養サポート実施

    • 具体的には、関係者であるケアマネジャー様・訪問介護事業所様と密な連携を行うことで小さな変化への対応を繰り返し実施
  2. ②最期においては、胸水があり肺癌が見つかったが、ご家族様希望により検査・治療は行わず、ご本人様も自宅療養を強く希望され自宅で最期を迎えられました

ご家族様からも、緊急時対応に大変感謝され、「不安なく最期を迎えました」との言葉をいただきました

在宅鍼灸マッサージサービスとの連携

ALIGNMENT
在宅鍼灸マッサージサービスとの連携

ご自宅・施設で、「医療保険」で鍼灸・マッサージが受けられます!

  1. 医療保険なので介護保険とは別にご利用いただけます。
  2. 施術は国家資格を持ったマッサージ師が伺います。

保険適用には医師の同意書が必要です。

対象となる方・症状

  • 麻痺、関節拘縮、筋萎縮、難病でお悩みの方
  • 通院・通所が難しい
  • 介護保険の枠がない
  • 浮腫や痛み、関節の制限、筋力低下、生活動作の低下が気になる方

施術費について

マッサージのご利用で
医療保険の割合が1割の場合

1回約400~630円程度のご負担です

往療料にも保険が適応されます

無料体験も実施しております。
スタッフがご自宅・施設に伺い、無料でお試しマッサージを受けられます。
在宅鍼灸マッサージについてサービス内容や料金など詳細を確認されたい方は、在宅鍼灸マッサージページよりご確認ください。

緊急時のご連絡について(24時間契約をされたお客様へ)

急変時や休日のご連絡にも対応できるよう、24時間365日対応可能な体制を整えております。
緊急時はご利用中の各ステーションまで直接ご連絡ください。